教育方針・園の概要

KYOUIKUHOUSHIN , EN NO GAIYO

教育方針

教育理念

善人教育ぜんじんきょういく

善人教育とは
善いことを思い
善いことを為す教育である

善いこととは 自分にも善いこと
相手にも善いこと
自然にも善いこと
社会にも善いこと
地球にも善いことである

これら
善いことを思い行動するのが
善人教育であり
その様な人を育てるのが
善人教育である

物事を「自分にとって損か、得か」で判断する人ではなく、それは「善いことなのか、悪いことなのか」によって
判断する人を育てたい、という思いが込められています。

教育目標

  1. 健康な心と身体を育てる
  2. 自然に親しみ、自然を愛する
  3. 誰に対しても「思いやりの心」を持つ
  4. 経験を通しての生きた知識と知恵を与える
  5. 集団生活の中で自主自立の精神を養う

幼児期の教育で大切なことは、一生の土台となる心身のバランスのとれた「健やかさ」です。
樹木に例えれば、枝葉を伸ばすのが小学校以上の学校教育としたら、幼稚園では深く、広く、細やかに根っこを張ることです。
不十分な根の張り方では、将来の大きな成長は望めません。

教育方針

  1. どの子供も主人公となる教育を実践する
  2. 叱らない教育を実践する
  3. 子供達を指導せず、その成長発達を援助する
  4. 既製品に頼らず、手作りの教育を実践する

子供達の内面には「大きくなろう」「善くなろう」とする力が、ぎっしり詰まっています。
本園の先生は、その力がしなやかに発揮されるように、お手伝いをしてあげることが主な仕事です。
私達はゴムひもを力で延ばすような育て方はしたくありません。また、子供の間違った言動、友達を困らせたり、
悲しませたりする行為に対しては「厳しく注意」しても、先生の感情や都合で叱ることは絶対に行いません。

園長からの
ごあいさつ

私は機会あるごとに、次の三つの言葉を園児さんたちに伝えています。
「頑張る心、我慢する心、応援する心(思いやりの心のことです)」
そして、この三つの心をしっかり持つ人がチャンピオンなのです、と。

未来を生きる子どもたちに、今最も授けたいものは「生きる力」です。私たちは3・11によって学びました。私たちにとって真に大切なものとは、身近な日常の中にしかなく、またそれは当り前のようにずっとあるのではなく、時として大変脆(もろ)いものであることも。

私は「生きる力」とは、「どんな状況の中でも、出来ることは無限にある」と思える強い心のことだと考えます。本園で掲げています教育理念、教育目標、教育方針にのっとり、子どもたちに「生きる力」を育んでいきます。

このように幼稚園は小学校の予備校ではありません。しいて言えば「人生の予備校」なのです。自分のことは自分でする(自主自立)。先生の話をしっかり聞いて理解し、それを行動に移すことが出来る(学習の基礎)。友だちを沢山つくり、仲良くする(人間関係)。更に付け加えるとして「あいさつ、ハイの返事、食事のマナー」(基本的しつけ)を身につけられたら、人として生きて行く上での準備は完了したと言えます。

園長 藤田 喜一郎

学びルームはこちら

園の概要

  • 基本理念
    社会から信頼され、
    必要とされる幼稚園を実現し、幼児の幸福と、
    教育文化の発展に貢献する
  • 基本方針
    (凡事徹底)
    • 笑顔
    • 挨拶
    • 掃除

経営方針

一、本園は、他園との競争を一切行わず、教育内容と保育実践によって評価を得る(独自固有の長所の伸長)
二、本園は、高水準の保育料に裏付けされた適正園児数を常に確保する(超安定経営)

幼稚園運営
最終目標

「決して、ノーと言わない幼稚園」

"NOTHING NO"

幼稚園概要

園 名 学校法人藤田学園 久留米あかつき幼稚園
所在地 〒830-0003 福岡県久留米市東櫛原町1914番地
電 話 0942-35-8682 【受付】:月~金曜日(8:30~18:00)
FAX 0942-38-2859
園長名

藤田喜一郎

(主な公職)久留米市私立幼稚園協会長
福岡県私立幼稚園振興協会経営研究委員長
全日本私立幼稚園連合会経営研究副委員長

職 員 教頭1名 主任2名 教諭16名 事務員1名 運転手4名
関連施設 フジタバレエ研究所

沿革

昭和24年 南薫幼児園創立 (創立者 藤田貞雄)
昭和25年 篠山幼児園 (後の篠山保育園) 開設 (開設者 藤田貞雄)
22年より篠山城址に開設されていた「りんどう保育園」の運営を、
藤田貞雄が委譲され、篠山神社境内に新たに開設した
昭和26年 追分幼児園開設 (開設者 藤田貞雄)
昭和37年 あかつき幼児園開設 (開設者 藤田貞雄)
昭和50年 学校法人藤田学園設立 久留米あかつき幼稚園と改称
初代理事長に藤田貞雄、初代園長に笠進が就任
昭和52年 第二代園長に秋吉定義が就任
昭和55年 2学級増築 (現在の「泉の棟」)
昭和57年 創立者藤田貞雄逝去
第二代理事長に藤田三保子が就任
体育講師の体操指導導入
昭和59年 第三代園長に井上房子が就任
昭和60年 保育時間延長・預かり保育・あかつきノート開始
昭和61年 外国人講師の英会話導入
園通信製本化 (ミキハウスバージョン)
昭和62年 幼稚園創立25周年
園庭整地
手作りプログラム開始
昭和63年 からくり人形時計台設置
平成元年 南薫保育園創立40周年
平成2年 米国幼稚園(サンタモニカ・モンテッソーリ・スクール)と姉妹締結
園通信全面改訂(A4版)
平成3年 南薫保育園閉園
オリジナル園児服導入
「ジュニアのたわごと」刊行(藤田喜一郎・著)
平成4年 幼稚園創立30周年
2学級増築 (現在の「お山の棟」)
平成5年 第四代園長に藤田喜一郎が就任
教育経営計画書の作製と発表会開始
平成6年 未就園児運動会実施 県へ定員増申請
平成7年 定員増申請により定員240名認可
保育完全五日制度開始
毎月一度の幼稚園開放事業開始
平成8年 園舎本館改装工事 全教室のエアコン工事
平成9年 幼稚園創立35周年
県へ二度目の定員増申請
年長児の卒園旅行開始
平成10年 定員増申請により定員275名認可取得
平成11年 FM番組「すくすくタイム」放送開始
平成12年 インターネットによる仮入園申込開始
平成13年 2歳児親子教室が3曜日に増加
平成14年 幼稚園創立40周年
「波乗りジュニア」刊行(藤田喜一郎・著)
認可外託児所「あかつきナーサリー」開園 (新古賀病院内)
平成15年 正規ホームページ開設
保護者へ携帯メール配信開始(バス、毎日の保育等)
平成16年 運動会で撮影用スタンド設置開始
平成17年 第二託児所「キッズルームSunSun」開園 (第一病院内)
廊下階段壁面に木製装飾を設置
「コブタヌキツネコ①」刊行
平成18年 お山の棟の下部に2教室増築
緑バス購入
平成19年 正課にスナッグゴルフ導入 球技クラブ開始
赤・青・黄色バス新車購入
平成20年 第三代理事長に藤田喜一郎就任 前理事長の藤田三保子は学園長に就任
「コブタヌキツネコ②」刊行
平成22年 学園創立60周年
学生に現役職員が保育実技を指導する「保育ワークショップ」開始
御井町に山林約1000坪を取得(東京都柏原氏らより寄贈)
平成23年 隣接する土地約200坪を取得 「コブタヌキツネコ③」刊行
平成24年 鉄筋二階建て、給食設備を有する「お空の棟」を新築
「AKT48(私立幼稚園経営塾)」刊行(藤田喜一郎著)
平成25年 水色バス新車購入
平成26年 学園長藤田三保子逝去
「泉の棟」の耐震化工事 「コブタヌキツネコ④」刊行
平成27年 遊戯室「太陽の棟」と年少教室「緑の棟」を新築
平成28年 スマホアプリによる情報配信を開始  黄緑バス新車購入